専業主婦でもかりれる?借り入れに対する繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、ローンの支払い中に余剰資金が確保できた際、返済を前倒しする方法です。主に住宅ローンに対して行われます。
繰り上げして返済した分は、借り入れした元金返済にあてられます。
このため、元金に対してかかるはずの利息が減り、返済総額が少なくなります。返済パターンとして「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。
期間短縮型は繰り上げによって返済期間を短縮する方法です。
確保できた余剰資金を最も有効に生かすことができます。

メリットとして、繰り上げ分が元金から差し引かれる点が挙げられます。
繰り上げ分の返済期間が短縮されると同時に、繰り上げ分に対して支払うはずだった利息も返済不要になります。
支払い初期ほど利息の割合が大きくなります。従って初期段階で行うほど効果は高くなります。
返済額軽減型は残りの返済期間を変えずに、返済額だけを減らす方法です。
メリットとして、毎月の支払額が減少するため、それ以降の支払負担を軽減することができます。
利息の負担軽減度は期間短縮方式に劣りますが、一時的な余剰資金の場合に有効といえます。
以上を踏まえると、初期の段階で余剰資金を確保した際に非常に効果が期待できる返済方法といえます。

近年、専業主婦でもかりれるローンに関心が寄せられています。融資を受ける条件として一定の安定した収入が必要になります。
収入がない専業主婦の場合、単独での借り入れは実質上困難といえます。
ただし今回、返済方法に繰り上げ返済などを考慮するなど、住宅ローン等が前提になっていると考えられます。
当然、ローンに対する夫婦間の同意も、既になされているのが自然と思われます。財産を共有する配偶者などにある程度の収入があれば、融資の利用は問題ありません。例え専業主婦でもかりれる可能性が十分に高いということができます。


おすすめの専業主婦でもかりれるカードローンはこちら